Word・Excel初心者向け♪ ショートカットキーの便利な操作まとめ!!!

1回の操作時間は短いですが、これらの操作がつみ重なると膨大な時間になります。

また、パソコンがフリーズしたときに

ショートカットキーで解決できることは少なくありません。

本ブログでは、文字入力を専門としているライター

仕事の効率をアップさせるWindows版ショートカットキーを厳選して解説します!

なお、これらのショートカットキーはWordやExcelに限らず、

PowerPointなど他のソフトインターネットなど他の場面でも使えます♪

書き消し

近道と回り道

※ 「Ctrl」+「B」というのは、「Ctrl」をクリックしながら「B」をクリックという意味です

太字にする「Ctrl」+「B」

この記事でも使っているように強調したい部分を太字にすると、文章に視覚的なメリハリを作ることができます。その結果、読み手の負担やストレスを軽減できます。活字離れが進む中、知っておいて損はない知識です。

コピーする「Ctrl」+「C」

最も頻繁に使うショートカットキーの1つではないでしょうか。ちなみに「Ctrl」+「C」を使ってから他の操作を行った後でも、次の「Ctrl」+「C」を行うまでは同じ情報を保持し続けます。

切り取る「Ctrl」+「X」

入力した文字などを移動するときによく使います。

貼り付ける「Ctrl」+「V」

先ほどコピーした情報を貼り付けるときに使います。貼り付け操作が連続するときは「右クリック」よりも、ショートカットキーを使ったほうが便利です。

専門作業

元に戻す「Ctrl」+「Z」

間違って入力した内容を消すときは、一般的に「del」や「Back space」を使います。しかし、ショートカットキーに慣れると「Ctrl」+「Z」を使ったほうが便利です。

なぜなら、こちらのほうが応用範囲が広いからです。たとえば、画像を間違って動かしてしまったときの操作をやり直すときにも使えます。

先に送る「Ctrl」+「Y」

直前の「元に戻す」を帳消しするときに使います。また「Ctrl」を押しながら「Z」と「Y」を交互にクリックすると「修正前」と「修正後」を直感的に見比べることができます。
「元に戻す」「先に送る」の操作は、連続して行える回数制限があります。

すべて選択する「Ctrl」+「A」

インターネットの検索欄に入力した内容を消去したいときに使うと便利です。また、WordやExcelなどでも入力内容をすべてコピーしたいときは「Ctrl」+「A」の後に「Ctrl」+「C」を使うと便利です。

直前と同じ操作を行う「F4」

前に解説した「貼り付ける」の操作を何回も繰り返す際には、1つのボタンで行えたほうが便利です。他にも、文字の色を赤色に変えるなど(フォントの)アイコンを使った操作にも使えます。

「印刷確認」画面に進む「Ctrl」+「P」

資料を作成して印刷するのは1回ほどですが、印刷する前に印刷イメージを確認する回数はそれよりも多いです。

絶対に使う操作ベスト3

文字などを探す「Ctrl」+「F」

長年パソコン仕事に携わっている人でも「検索機能」を知らない人使いこなせていない人が多いようです。Wordでは、検索した「文字など」が文章に含まれる個数が分かります。Excelでは、オプション機能を使うことでシートをまたいで検索できます。

他にもフォルダなどに対して行えばWord・Excel・PowerPointなどのファイル内にある文字などを見つけ出すこともできます。

閲覧中のインターネットサイトの文字などを検索するときにも使えます。

パソコンを閉じる「Alt」+「F4」

パソコンを立ち上げると、必ずシャットダウンしなければなりません。長い目で見ると、人生で何時間も効率化できるかもしれません♪

操作中のファイルを終了するときも使えます。直前の操作でファイルに変更を加えたときは「保存しますか」という表示、ファイルに変更を加えていないときは瞬時にファイルは閉じます。

操作画面を閉じる「Esc」

「印刷の確認画面」や「検索画面」などのように、特定の操作画面を閉じるときに使います。

おまけ

上書き保存「Ctrl」+「S」

誤って保存せずに閉じたり、パソコンを強制終了せざるを得なくなったりすると何時間もの作業がムダになることがあります。これを防ぐのが上書き保存です。

この操作を習慣付くと、上書き保存してはいけないときに上書き保存してしまうことがあります。それでも上書き保存していなかったときの精神的ダメージに比べると、これも身に付けておくべきではないでしょうか。

キーの呼び名について

「Ctrl」 → コントロール・キー

本記事でも最も多く登場したキーなので、早く使いこなせるようになるに越したことはありません。

「Alt」 → オルト・キー

本記事では登場回数は少なかったものの、パソコンが動かなくなったときに役に立ちます。普段から使い慣れておくと、とっさのときに便利です。

「Esc」 → エスケープ・キー

パソコンに詳しい人が突然「逃げて! 逃げて!」と叫び出すと、おそらくエスケープ・キーのことです( escapeは「逃げる」という意味 )。クスッと、笑ってあげて下さい。

「F4」など → ファンクション・キー

ファンクション・キーは、キーボード上部に並んでいるような用途が多数あります。たとえばキーボード下部の「Fn」をクリックしながら、キーボード上部のファンクション・キー(F1、F2など)をクリックすると、「F〇」キー内にあるイラストの操作ができます。全画面コピー、画面の明るさの調整、音声の調整などです。

インターネットサイトの一括表示

毎日のように確認するインターネットのページ(SNSサイトやHPなど)を1つずつクリックする手間を省く裏ワザです。

まず、新しいフォルダを1つ作ります。次に、フォルダ名を「ルーチンワーク(またはRW」などにします。その中に毎日確認するページのブックマークを入れます。あとは「ルーチンワーク」フォルダを右クリックして「すべてを開く」をクリックすれば、一括表示できます。

ブックマークのフォルダは種類別に分類しがちなので、意外に思い付かないのではないでしょうか。