ラクスル 利用者が解説! 価格・納期・評判から裏ワザまで♪ 名刺やチラシ作成が人気の理由

ラクスルとは、印刷を中心としたサービスを展開している会社です。テレビCMでもお馴染みですが、名刺やチラシなどをインターネット経由でサクッと作成できます。

私は知人のクチコミがキッカケで利用することになりました。そこで、私のラクスル利用の体験談を忖度一切なしで紹介します。

ラクスルの特徴

料金

はじめに驚くべき点は、名刺・両面カラー印刷1枚4~5円代100枚から注文できます。前職が総務・人事だから言います……この価格は、街の印刷会社、他のネット通販と比べても驚きの安さです。
一般的な発注単位は200枚ほどですが、1回の発注数を増やすと3円代でも注文できます。

またチラシ片面カラー印刷1枚6円代100枚から注文できます。こちらも驚きの安さです。両面印刷カラー印刷でも100枚注文して送料込みで2,000円未満というのは驚きです。実際に、他の実店舗やサイトと比べてみると分かります。

テンプレート(ひな形)

低価格で商品・サービスを提供できる理由は、後ほど解説しますが、名刺やチラシを基本的に利用者自身に作成してもらうから驚きの安さを実現できているといえます。

自分でこれらを作成するとなると、ハードルが高くなるのは仕方がありません。そこでラクスルでは、ワード・パワーポイントに対応したテンプレート(ひな形)無料で提供しています。素人が挑戦してもマネできないほどレベルが高いテンプレートです。

自分で名刺やチラシを作成するハードルは高いかもしれませんが、実際にはラクスルが用意したテンプレートに「名前およびタイトル・日時・場所・参加費・内容」などを入力するだけで完成させられます。

納期

価格が安くても、お届け日が遅いと使い物になりません。しかし、ラクスルは希望の納品日を指定することができます。1週間くらい余裕をもって注文するだけで、価格は最も安くなります。私は1週間後の到着を見越して注文していますが、納品が遅れたことは1度もありません。

もちろん、急ぎを希望する場合にも対応してくれます。ラクスルが指定する午前中の時間(10時59分など)に注文を完了させれば当日に出荷してくれます。そのときの価格は少し高いですが、急ぎにも対応してくれる手段があることは、ユーザーの大きなメリットといえます。

顧客対応

口コミでは、良い評判・悪い評判が入り交ざっています……。これをどのように解釈するかは、人それぞれですが、良い評判よりも悪い評判の方が3倍くらい多いという話しを聞いたことがあります。これは誰にも経験があるとは思いますが、腹の立つことほど人に話したくなるヒトの心理です。そう考えると人気サイトほど利用者が多くなるので、割合としては小さくても悪い評判は表面化しやすいくらいに私は考えています。

ちなみに私の1回目の注文時は、とても丁寧に対応てくれました。状況によって電話でオペレーターが対応してくれます。また、チャットを使うこともできます。2回目はチャットのみの対応でしたが、オペレーター側が「退席しました」という案内があってから去って行かれました。その後の連絡はありません。こちらのメールアドレスを取得しているのに……。

握手

裏ワザ

1.広告・宣伝の裏ワザ①

私が実際に利用したのは名刺A4チラシですが、名刺よりもチラシの方が少し価格が高くなります。そこで、名刺サイズのチラシを作成するという活用方法があることも紹介しておきます。

飲食店などのレジ周りには、名刺サイズのチラシがよく置いてありますよね。また、名刺交換の際に名刺サイズのチラシを配っている人をお見掛けすることもあります。このようにして、あなたの製品・サービスを宣伝することもできるのです。

2.広告・宣伝の裏ワザ②

ラクスルには、レベルが高いテンプレート(ひな形)があることは説明しましたが、これを応用する裏ワザがあります。それはワードやパワーポイントで作ったテンプレートをそのままHPやSNSに投稿するのです。

私は発注したチラシの画像を告知サイト(自社HP、Peatix、こくちーずなど)に貼り付けて再利用しています。告知サイトによっては、書式を変えるのに制限があるので告知文をコピペするだけでも苦労することがあります。しかし、すでに発注したプロ級にデザインされたチラシがあれば、それをサイトに貼り付けるだけでOKです♪
(実際の画像は こちら

3.注意点

とにかく時間に余裕をもって、100部から注文することをおススメします。特に、名刺やチラシを作り始めの頃は、何かと修正を加えたくなるものです。手元に商品が届いてからデザインなどを修正したくなったときに、損失が小さくて済みます。たとえば1枚当たり数円の差でも、100部と200部の注文では数百円の損失になります。これは金額の損失よりも、精神的なダメージの方が大きいのは経験者の正直な感想です(笑)。何でも初めて利用するときは、何かと不測の事態が発生します。

ちなみに私が作り直しを余儀なくされたのは、QRコードの追加でした。今や簡単にサイトにアクセスしてもらうための工夫は欠かせません。また、QRコードは無料で作成できるサイトもあるので 検索 してみて下さい。

安さのヒミツ

がんばって最後に、ラクスルの価格の安さについてタネ明かしします。パソコンなどのデジタル機器が普及して、印刷物を作成する機会が少なくなったことはご存知かと思います。これは名刺やチラシに限ったことではなく雑誌、新聞、書籍などでは出版不況と言われるまでになりました。
しかし、印刷物が全く不要になった訳ではありません。正確には、印刷物を作成する用途やタイミングが変わったのです。このため町の印刷会社も忙しい時期があります。ここにラクスルは目を付けました。

ラクスルは、印刷業としては素人です。町の印刷会社は、注文を受けるためのインターネットサイト作りは素人です。そこで、ラクスルは印刷物の注文を受けるサイトを作り、印刷会社に印刷をお願いする形で役割分担を行ったのです。具体的には全国に散らばる印刷会社をまとめて、受注窓口を引き受けたのがラクスルということです。

つまり、デジタル機器が普及して売上が減少した全国の印刷会社さんたちと協力ビジネスをラクスルは生み出したのです。

メッセージ

ラクスルは社名の通り、会社を成長させるためお金や時間を費やし、その他の面倒なことは「楽(らく)しちゃってください♪」というスタイルであなたの夢を応援してくれる会社です。

試しに少量の注文から利用してみてはいかがでしょうか。

あなたのビジネスの幸運を祈ります♪
ピースサイン
<調査日:2020年04月30日>
※ 記事の内容により損失が生じても一切の責任は負わないことをご承知のうえで参考にして下さい

・ 関連記事「社名(屋号)の決め方!」٩(o-o)/ こちら