Excel・PowerPointで写真を好きな形に切り抜く方法! 専用ソフトなしでも作成できます♪

画像編集ソフトを使って写真を切り抜き(トリミング)してもOKですが、

新しいソフトの使い方を学ぶのは苦労しますよね。

本記事では、写真などの画像を丸型やハート型など好きな図形に合わせて自由に切り抜く方法を解説します。

切り抜き写真は、あなたが使い慣れているExcel・PowerPoint作れます。

簡単な切り抜きなら、Wordでも作成できます♪

なお、本記事で使用する写真や画像は 写真ACなどのサイト から無料で入手できます。

手順①

解説はPowerPointの図を使いますが、Excelでも同じように操作できます。
(次の手順②まではWordでも同じように操作できます)

・図のように「① → ②」の順番で、手持ちの写真を挿入します。

切り抜き写真①

手順②

次の操作で、挿入した写真や画像を切り抜きます。

・図のように挿入した写真をクリックしてから「③~⑥」の順にクリックします。

注意点として「④ トリミング」は、小さな「▲」の部分をクリックすることです。

続いて「⑤ 図形に合わせてトリミング → ⑥ 好みの図形」をクリックして下さい。
(本記事では「六角形」を選択しています)

切り抜き写真②

これにて、切り抜き写真の完成です。

切り抜き写真③

さらに、枠線の書式を付けることもできます。

・図のように切り取った写真をクリックしてから「①~④」の順にクリックします。
(下図の「②:図の枠線」の下部には「図の効果」というアイコンがあり、色んなアレンジができます♪)

切り抜き写真⑥

これにて、枠線付き切り抜き写真の完成です。

切り抜き写真⑦

ここまでの操作は、Wordのトリミングでも操作できますが、

Excel・PowerPointでは、もう一工夫できるので、続けて解説します。

手順③

もう一工夫とは、切り抜き方の微調整です。

下の図の黄色い「■」をクリックしながら左右にスライドして下さい。

選択した図形によっては、上下にスライドすることもできます。

なお、黄色い「■」が表示されない図形もあるので、色んな図形で試してみて下さい。
(Wordのトリミングでは黄色い「■」は表示されないので、Excelなどで切り抜いてからWordに貼り付けて代用して下さい)

切り抜き写真③

下の図のように切り抜く形をアレンジすることができます。

切り抜き写真④

図形のアレンジをやり直すときは、写真を選択してから

図のように「書式タブ」をクリックして「図のリセット」をクリックします。

切り抜き写真⑤

メッセージ

さて、いかがでしたか。

このようなパソコン操作の時間は、できるだけ短くして

コンテンツの中身を充実させることに集中しましょう♪

あなたのお役に立てたなら嬉しいです。仕事の成功をお祈りします。

・ 関連記事『切り抜き文字の作り方! エクセル or パワポ があれば大丈夫♪

切り抜き文字 アイキャッチ画像

▼ その他のパソコン知恵袋ご案内

パソコン知恵袋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。