Excel・PowerPoint 画像切り抜き文字の作り方♪ 専用ソフトなしでも作成できます!

無料の画像編集ソフトを使うのもアリですが、

ゼロから新しいソフトの使い方を学ぶのは苦労します。

そこで、使ったことがある人が多い「Excel・PowerPoint」

写真などの画像から切り抜き文字を作る方法を解説します。


切り出す元の画像または写真についてはイラストACなどのサイトから無料で入手できます。これから私が解説する切り抜き文字の元の画像は同サイトで「色 スウォッチ」と検索して入手した画像を使用しています)サンプル画像

ワードアート操作

まずは、Excel・PowerPoint 共通の方法です。

手順①

下図「① → ②」の順番で、ワードアートで文字を入力します。

切り抜き文字の説明画像①

手順②

次に下図「③ → ④ → ⑤」の順番で、切り抜きたい画像などのファイルを選択して切り抜き文字の完成です。

切り抜き文字の説明画像②

ソフトごとの説明

Excelではワードアートでなく、テキストの挿入でも上記の手順で画像切り抜き文字を作成できます。

PowerPointでは、全ての挿入文字(テキスト・ワードアートなど)で上記の手順で画像切り抜き文字を作成できます。

Wordには、文字を塗りつぶす(図)という選択肢はありません。(「Word2010」時点)

おまけ

下図のように「⑥」で文字の輪郭を調整すると、より目立たせることができます。

切り抜き文字の説明画像③

PowerPoint操作

こちらは、プロ並みに切り抜き文字を作る方法です

手順①

まず「テキストボックス」から文字を入力します。
(すでにスライドに用意されている「タイトル」などに入力した文字では、これ以降の操作は無効になります)

切り抜き文字の説明画像⑨

手順②

次に挿入タブ」の「画像」をクリックして、切り抜きたい画像や写真を挿入します。

下図のように、テキストボックスの文字の背面に写真を移動して図とテキストボックスを同時に選択します。
(図の左端の「テスト」を2つ作っている理由は「応用②」で解説します)

切り抜き文字の説明画像④

選択の仕方は、先に図や写真をクリックして「Ctrlキー」を押しながら、文字をクリックします。

この操作が分からない方は、下図を参考にして下さい。

切り抜き文字の説明画像⑤

※  ②の操作の後に、画面右側に表示された名称をクリックしても、実際の図形などをクリックしたことになります。「Ctrlキー」を押しながら、もう一方の名称をクリックです。

手順③

次に下図「③ → ④(重なり抽出)」の操作を行うと、切り抜き文字の完成です。
(文字と画像を同時に選択すると、2つの「書式タブ」が表示されます。ここでは左側の「書式タブ」をクリックします)

切り抜き文字の説明画像⑥

ここで注意点が2つあります。

注意点①

1つ目は、前に触れた通り先に、図や写真を選択することです。

なぜなら、先に選択した方の色や画像が切り抜かれるからです。

先にテキストボックス(文字)をクリックすると、

(画像ではなく)文字の色で切り抜かれます。

注意点②

2つ目は、直前の図の「テスト」という2つの重なり抽出後の文字です。

直前の図では2つ抽出していますが、実際には1回の操作で抽出できるのは1つです。

なぜ、2つ表示したかと言うと文字の柄に注目してほしいからです。

切り抜き文字 比較

上と下の「テスト」の文字は、少し違います

なぜなら、写真の位置をズラして切り抜いたからです。

このような細かな操作は、直前に紹介したワードアート操作ではできません。

中上級者向けのワザ

応用①(立体感を出す)

はじめの黒文字のテキストを2つ準備しておくことで

下図のように切り抜き後の文字に重ねて、少しズラせば立体感を出せます

切り抜き文字の説明画像⑦

応用②(輝きを調節する)

こちらはPowerPointをお持ちの方のみの方法になります。

それは「ワードアート」を編集する方法です。
(Excelでワードアートを作った場合は、PowerPointにコピペして加工します)

具体的には、PowerPoint上でワードアートそのものを右クリックしてから

「図として保存」を選択して、デスクトップなどに保存します。

保存したものを改めてPowerPointに取り込みます。

そうすると、ワードアート(テキスト)から「図」に変わるので

「図の書式設定」から明るさなどを変更できるようになります。
「図の書式設定」の変更は、図を右クリックすると表示される項目から選択)

切り抜き文字の説明画像⑩

これらの操作によって

明るさコントラストなどの詳しい意味が分からなくても

それなりのデザイン調整が行えます。

切り抜き文字の説明画像⑪

ただし、図に変更すると解像度が落ちることには注意が必要です。

このため印刷数量が多いチラシなどを作る際には、テスト印刷をおススメします。

テスト印刷したものを確認して、解像度が低さが気になるときは

元の画像の明るさを調整してから画像を切り抜く

解像度を落とさずに、ワードアートのまま切り抜き文字を作ることができます。

まとめ(メッセージ)

いかがでしたか。

このようなパソコン操作の時間は、できるだけを短くして

コンテンツの中身を充実させることに集中しましょう♪

あなたのお役に立てて光栄です。

それでは、仕事の成功をお祈りします。

・ 関連記事 ٩(o-o)/『便利なショートカット操作一挙公開! こちら
ショートヘアの女性・ 関連記事 ٩(o-o)/ 随時開催セミナー『ザ・伝えるコツ(分析編)こちら
伝えるコツ アイキャッチ テレビ