100%解決!Wordの目次「見出し文字」をナビゲーションウィンドウに表示させる方法

いつもは問題なく使える機能が使えなくなることってありますよね。

私の場合、目次機能のナビゲーション画面に見出しの文字が表示されませんでした。

以下に、ナビゲーション画面に「見出し文字」を表示させる方法を解説します。

目次機能を使うメリット

Word目次機能の便利なところは

「Ctrl キー」を押しながら「F キー」をクリックすると、
(表示タブをクリック → 表示欄 → ナビゲーションウィンドウのチェックボックスをONでも可)

画面左に「ナビゲーション」という画面が表示されて

さらに、その中の「見出し」をクリックすると、目次の階層とともに見出しが表示されます。

長文を作成するときに「見出し」と階層を見ながら文章を作成すると、

まとまりのある文章・締まりのある文章が書きやすくなります。

このような用途でWord文書をはじめから作成しているときは

不自由なくナビゲーション画面を使うことができます。

ナビ画面が機能しない原因と解決策

しかし、あるとき本文に「見出し」の書式を設定しても

ナビゲーション画面の見出し欄に文字が表示されませんでした。

本文に「見出し1」や「見出し2」などの書式を

間違いなく設定したはずなのに……。

しばらくして、見出し欄に文字が表示されない原因が判明しました。

私が本文と思っていた箇所は「表」の一部だったのです。

つまり、解決策は「見出し」を設定したい部分を表から切り出すことになります。

画面上(本文)の見出しの書式は反映されても、ナビゲーション画面の階層を伴う見出しには反映されないようです。

メッセージなど

なぜ、私が問題となった部分を本文と勘違いした理由は次の通りです。

Wordには、罫線やページ罫線という機能があって

この機能は文章を線で囲むだけなので、見た目は表と同じになることがあります。

「罫線」と「表」の違いを上げると、クリックしたときに

Word画面のファイル名や上部の表示内容が微妙に変わりますが、

かなり注意していないと気づかないレベルです。

ナビ画面①

ナビ画面②

ちなみに、罫線やページ罫線に目次機能の「見出し1」などの書式を設定すると

ナビゲーション画面に、階層とともに見出し文字も表示されます。

私が使っていた文書は公的機関からダウンロードしたファイルだったのですが

他の人が作ったWord文書の場合、作成者の変なクセが反映されることがあって、問題を見つけ出すのに苦労します……。

さて、あなたの問題は解決できましたか。

このようなパソコン操作の時間は、できるだけ短くして

コンテンツの中身を充実させることに集中しましょう♪

スケジュール

あなたのお役に立てたなら嬉しいです。

それでは、仕事の成功をお祈りします。

・ 関連記事良質な実例に学ぶタイトルの付け方10選!

話題のキーワード

▼ その他のパソコン知恵袋ご案内

パソコン知恵袋

パソコン個人レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。