只今、執筆中!٩(o-o)/ 第16話『温故知新』

私があなたに知ってほしいことは、デミング博士に留まらず「リーダーシップ・マネジメント・ファシリテーション」などをはじめ、3SやQC7つ道具や新QC7つ道具などたくさんあります。

なぜなら、あなたの仕事における「知っていれば、簡単にできていた」や「正しい相手の行動へのダメ出し」は、悲劇的な損失になるからです

「知っていれば、簡単にできていた」については、できれば回避してほしいですが、「正しい行動へのダメ出し」は、指摘する方もされる方も嫌な気分になります。誰一人として幸せになりません。

そこで私は「仕事の本質となる基本」をお伝えするために、特に重要な内容に絞りました。小手先のテクニックは直ぐに廃れますが「仕事の本質となる基本」は、あなたにとって一生モノの財産になります。

スポーツ経験のある方なら理解しやすいと思いますが、ジョギングが好きなスポーツ選手は少ないものの、上級者ほど足腰を鍛えるジョギングなどの基本トレーニングが欠かせないことを心得ています。

では、私は「心理学をプラスしたQC」や「仕事の本質的な基本」を執筆中の本で解説しようとしているのかというと、これに留まりません。ここからは出版に至るまでに内容の修正を余儀なくされることは一先ず置いておいて話しを進めます。

それが歴史です。「温故知新」という言葉を耳にすることはあると思いますが、実際にこれを使いこなしている人は少ないように思えます。「温故知新」とは「古いことを知ることで、新しい目線で物事を見られるようになる」といった感じの意味です。

そこで「仕事の日本史」にも触れます。とはいえ範囲を絞らなければ、話しの収拾がつかなくなるため「昭和」に絞りました。昭和の時代から学ぶことによって、温故知新を実感していただくことも読者に期待しています。

さて、これくらいで十分なボリュームになりますが、もう1点だけ放っておけない大切なことがあります。

その前にもう1度だけ執筆中の本の内容をふり返ると「ヒトの視点を十分に考慮したQC」、「仕事の本質となる基本」、「仕事の日本史」でした。

では、最後に放っておけない大切なことについて説明します。

次へ『勉強嫌い』17/18  前のページ  トップページ  執筆を応援する