只今、執筆中!٩(o-o)/ 第13話『隠し玉♪』

「自分のことを過小評価している!」や

「泣き言は、聞き飽きた!」などは、あなたにとって厳しい声かもしれません。

しかし、自ら積極的に学ぶしかありません。

近頃、難しいことを分かりやすく解説している本が数多く出版されています。今、私が読んでいる本も分かりやすく解説してくれています。私もそれらを見習って分かりやすい説明を試行錯誤しています。

しかし、それにも限界があることをご理解下さい。

あなたが聞いたことがない言葉を新たに学ぶ必要があるかもしれません。だから、そのような言葉は丁寧に解説しています。たとえば、本記事では「ファシリテーション」という言葉の解説が十分ではありませんが、後に触れます。

くり返しになりますが賢い人たちは方法さえ分かれば、勝手に学びます。一方、私を含む一般人は自慢できる肩書きもないうえ「お金は欲しいが、勉強はしたくない!」のです……。

しかし、突破口があります。それは「興味」や「関心」です。

一般人には「オモシロさ」が欠かせないのです!

「何となくオモシロい内容で、いつの間にか読み終わっていた。」

そして「いつの間にか賢くなっていた!」といった夢のような本を私は執筆しています。

これが他のビジネス本にはない、私の隠し玉です♪

しかし私が「仕事の質を高める本」を執筆するうえで、どうしても避けられない難しい言葉があります。それが「リーダーシップ」、「マネジメント」、「ファシリテーション」です。

この3つの言葉は、著名な学者たちによってさまざまな研究が行われてきました。私も小さく貧弱な脳ミソをフル回転させて、それらの研究の一部を拝読してきました。

しかし、どれも難しいのです。賢い人の立場から見た解説が多いように思えてなりません。必要な内容だけをまとめた余白のない文章を読み続けることは、私のような凡人にとっては苦行そのものなのです。

そうです。凡人とは、賢い人ならつまづきそうもない小さな段差に平然とつまづく人種なのです。

そこで私は普通のオジサンから見た「リーダーシップ」、「マネジメント」、「ファシリテーション」を読み解いて「魅せる」ことに注力しています!

次のページ『常識更新』14/18  前のページ  トップページ  執筆を応援する