只今、執筆中!٩(o-o)/ 第11話『できる!』

ここでQCの中身にもう少しだけ触れます。QCには数字を扱う方法が7つ、文字を扱う方法が7つあります。これらの方法は気軽な町内会での話し合いから世界の最先端企業の会議まで幅広く活用されています。

このようなことを可能にする理由は、QCの特徴は「使いやすさ」と「汎用性」にあるからです。つまり、誰でも知識の使い方の幅を広げられるということです

あなたは「数字で考えることは苦手」や「アイデアを言葉にしても結局、賢いヤツには敵わない」と、お考えではないでしょうか。確かに、人には得手・不得手があります。しかし、どうせ学ぶことを諦めるなら「○○○○S(仕事に関する本)」を手に取ってからにしてみてはいかがでしょうか。

勉強することに苦手意識がある人に対して、私は次のような問いを投げ掛けてみます。

「私は運動神経が悪いから、自転車に乗れない。」と大人になってからも言っている人に対して、あなたは「この人が本当に自転車に乗れないと思いますか」と。

多くの人は自分の可能性を過小評価しています。「頑張ろう。あなたも努力すれば、100mを10秒台で走れる!」などと言っているのではありません。頑張ってできる事と、頑張ってできない事があることを私は十分に承知しています。

しかし「数字で考えることは苦手」や「アイデアを言葉にしても結局、賢いヤツには敵わない」などは、頑張ればできるようになるし、できるようになれる程度も「やってみないと、分からない!」はずです。

また「チャレンジしたけど出来なかった」という経験がある方は、教えてくれた先生と相性が悪かったとは考えられないでしょうか。私は「教わる相手が代わって、メッチャ成長できた!」という人を知っています。

このような視点から私は本を執筆しています。

少しは私に興味を持っていただけたでしょうか。

次へ『脅威』12/18  前のページ  トップページ  執筆を応援する