【続編】理系・文系の違いを社会人が本気解説!「自然科学の考え方」について

さて、前の記事 では「理系・文系の違い」に焦点を当てたので、私が本当に伝えたいことを説明できませんでした。それは、自然科学の考え方です。

これを理解していないと、文系が理系の架け橋になることはできません。また、理系であっても本質を理解することはできません。自然科学の考え方とは、以下の通りです。

1.理系は、ウソをつく!

私が高校生だった頃、ある数学の先生が授業中に次のように言いました。

「(しんみりと)僕は、君たちにウソを教えてるんや

クラスメイトは笑っていましたが、私にとってはなぜか忘れられない一言でした。

この年になって、ようやく先生の一言が理解できるようになりました。

理系の会話には、前提というものが頻繁に入り込みます。

たとえば前の記事で触れたように「ウイルスを殺す」という表現は、正しい表現ではありません。

なぜなら、ウイルスは生き物ではないからです

と言うと、

ウイルスが生き物ではない理由を長々と説明することが必要になります。

このように科学的に正しく説明しようとすればするほど専門用語が飛び交い、その専門用語の説明も専門用語を使う必要になることもあります。

そこで、この面倒を省くために

「ウイルスを殺す」と表現しても、この状況に相応しい内容が伝われば、いいんじゃね?

というノリで表現した結果が「理系は、ウソをつく!」なのです。

私の数学の先生は、このことを言っていたと思われます。

2.理系は、ウソをつけない!

ウラを返せば

理系は、前提や専門用語を駆使しなければ、

「ウイルスが生き物かどうか」さえ説明できない正直者です。

理系はとてもピュアな存在なのです……。

だから、ウソがつけないのです。

「えっ、どういうこと?」とお思いでしょうが、これは本記事の重要なポイントです。

理系と数字

理系にとって数字は欠かせません。補足すると、理系は統計学を使います。

統計学は、とてもクセが強い学問です。

統計学は奥が深くて相当な勉強量が必要になるので、

ここで理系に対する理解を投げ出してしまう人は少なくありません。

しかし、本記事で説明するポイントだけでも知っておけば、

ムダな拒否反応を防げるので最後までお付き合い頂ければ幸いです。

では、どこが統計学がクセが強いのかと言うと、

統計学は「○○である!」と断言しません

なぜなら、統計学は物事を断言するための学問ではないからです。

これ他の学問との大きな違いです。

誤解を恐れずにいうと、統計学は発生する確率を出すための学問です。

身近な例では、天気予報があります。

あなたも毎日のように、明日の降水確率を見ているはずです。

一方の文系(の学問)は「○○である!」と、当然のように表現します。

その理由は前の記事で触れましたが、

改めてザックリいうと文系とは、そういうものだからです。

特に、理系・文系に関わらず統計学に慣れ親しんでいない人は、

ご自身の専門外のことに関しては「○○である!」や「○○して下さい!」などと言い切ってもらわないと、スッキリしないようです。

統計学では、余程のことがない限り100%を出すことはありません。

思い出して下さい。

「明日は、絶対に雨だろ」みたいな日でも、前日の天気予報では降水確率が80%や90%だったりします。

簡単に言うと、膨大な前提(過去のデータ)があるから100%と断言できないのです。

このため理系の人は「○○である!」と断言しません。

断言すると、本気の「理系 or 科学者として」ウソをつくことになります。

このような背景があって

「○○と考えられる」

「○○の可能性がある」

「○○の恐れがある」などの表現を理系は好んで使います。

3.科学的に証明されていない!

この言葉は最も誤解を生む原因になっているので、デリケートに扱う必要があります。

最悪の場合「科学的に証明されていない!」という言葉を武器に、

専門家が相手をねじ伏せるチカラ技として使われることも少なくありません。

専門家もサラリーマン

結論から言うと「科学的に証明されていない=ウソ」とは限りません!
「エビデンス(証拠)がない」も同じことです

たとえば、アイスクリームの売上「気温・湿度・降水量」などのデータと深い関係があります。このことに疑問を持つ人は少ないはずです。

では、仮にメディアで専門家が「気温とアイスクリーム売上の関係については科学的に十分に証明されていない。だから、関係がないとも言える!」と、発言したとします。

この意見に対して、あなたは何を思うでしょうか……

ビジネス目線であれば、気温の他に「湿度・降水量・地域性・市場規模」などのデータを集めて売上を正確に予測すべきです。このビジネス目線における意味では「科学的な証明が十分に行われている」と言い切れません

だからといって「気温とアイスクリーム売上の関係については、関係がないとも言える!」とする主張は、屁理屈ではないでしょうか

少なくとも私の数学の先生が「僕は、君たちにウソを教えてるんやと言ったように

生徒たちが数学を学ぶ段階を考慮した「その状況に相応しい説明」とは程遠いものです。

もし、このアイスクリームと気温の関係を否定する主張を「その状況に相応しい」とするなら、それは発言する人の個人的な立場から見れば「その状況に相応しい」といえます。

自分の地位や名誉が脅かされる状況に対しては、平気で屁理屈を並べます

そうしないと研究予算が削られて、給料が減るからです。

自分が本当に研究したいテーマに対する費用も削減される恐れもあります。

私たちの頭の片隅に必要なもの

「肩書きがある専門家だから、ウソは言わないだろう」と考えるのは間違いです。

「科学的に証明されていない!」に似た「○○という論文・報告書がある」も同じことです。

データの偽造や改ざんは論外ですが、そうでなくても

たとえば「○○という論文・報告書がある」という意見を私たちが見たとき、

「その論文・報告書に反対する論文・報告書があるかもしれない」ことを

頭の片隅に置いておく必要があります。

つまり「科学的に証明されていない!」の真意について

「専門家として公平・公正に集めた事実に基づいた発言」あるいは

「専門家同士の議論に負けたくないための屁理屈や極論」

分けて考えなければ、誤解する恐れがあるということです。

また、自然科学ではない分野の論文・報告書には再現できないデータ(第3者が調査すると同じような結果にならないこと)が多いという話しもよく耳にします。

「データがない → 科学的に証明されていない → ウソ」と信じてしまうのは、

誰でも簡単にインターネットから多くの情報を集められる環境が整備されたからではないかと私は考えています。

ネット上の答えっぽい数字を見つけたとき、

その背景を考えるための自然科学(統計学など)の基礎は極めて重要です。

まとめ

科学の使い方科学では、新しい事実が過去の事実が塗り替えることのくり返しです。何が真実で、何が真実でないかを言えないことも少なくありません。

それでもさまざまな視点で物事を見ようとする心掛けが本当の事実に近づくための唯一の手段です。

そうすれば、きっと思考力は身に付きます。

思考力とは、物事を柔軟に考えられるために欠かせない筋肉です。

思考力が身に付けば、

少なくとも「気温とアイスクリーム売上の関係は科学的に証明されていない!」という主張くらいは、屁理屈にすぎないと簡単に理解できるようになるはずです。

本記事では、自然科学の考え方を中心に解説しました。

しかし実際のところ、自然科学だけでは語り切れないこともあります。

この点については、また別の機会に♪

・ 関連記事 ٩(o-o)/ 随時開催セミナー『ザ・伝えるコツ(分析編)こちら
ザ・伝えるコツ トップ画面